記事一覧
求人一覧

-看護師転職の最新クチコミ-

看護師が転職を考える時と求人情報を得る手段

2013-05-05 11:16

看護師として病院に勤務をされている方でも、場合によっては転職を考える時が来る場合があります。例えば、大学や医療系の専門学校で医療について学んで、国家資格を取得した後に、新人として病院に就職をした方の場合では、実際に勤務をしてみると、学生時代に希望していたものと異なる科に配属されることもあります。

この場合では、自分の希望する科を持つ病院へと転属、あるいは転職をすることもあります。また、数年間働いた後に、結婚などを理由として退職をされる方も多くいます。結婚後には子供の出産後に再び看護師として再出発をするという方も多くいます。

また、入院施設のある病院に病棟勤務として働いている看護師の場合では、若い頃には体力もあり十分に活躍することができていても、長年にわたって勤務をしていると、夜勤などが体力的にも厳しくなる場合もあります。このケースでは、入院施設を持たない夜勤の無い病院へと転職することを考える方もいます。


転職することを考えた看護師が、求人情報を得るための手段としては、いくつかあります。最も一般的なものでは、公共の職業を紹介する施設を利用することが挙げられます。利用する利点としては、毎日のように新しい求人情報が入ることになるので、常に新しい情報をえることができます。

また、求人票などには病院施設などの情報が細かい部分まで記載されているので、情報量の多さも利点の一つです。次に多くの地域で毎週発行されている求人情報誌を活用する手段です。コンビニエンスストアや書店などお手軽に入手することができ、自分のペースで見ることができることが利点となります。

また、地域によっては複数の出版会社から発行されていることもあるので、多くの情報を取り入れるためには、全てをチェックすることも良い方法です。最後にインターネット上のサービスで、看護師に特化した求人サイトがいくつか存在しています。求人サイトの場合では、比較的情報量も多く、中にはカウンセリングを行い希望に沿った情報を紹介されたりするので便利に活用できます。